基本知識

医療脱毛って、本当に永久脱毛?理論を調べてみた

更新日:

医療脱毛は一般的にイコール永久脱毛であるとされていますが本当にそうなのでしょうか。

高いお金を払ったのにもかかわらず「また毛が生えてきた」となってはお金がもったいないですよね。
そこでこの記事では医療脱毛がほんとうに永久的な効果をもつのか、という疑問に基づき医療脱毛が本当に永久脱毛なのかどうかを検証します。

まず医療脱毛とは何か 針脱毛とレーザー脱毛の違い

医療脱毛が本当に永久脱毛なのかどうかという点について検証する前に、まず医療脱毛の仕組みについて簡潔に解説します。
具体的にはレーザー脱毛と針脱毛の計2つの医療脱毛の仕組みについてですが、この記事は二つの仕組みを知っていることが前提になる内容なため、知っておくようにしましょう。

まずレーザー脱毛についてです。
レーザー脱毛は黒色にのみ反応する単一の波長を持つレーザーを肌にあてることによって黒色である毛根部分を破壊するというものです。

次に針脱毛は毛根部分に絶縁針を差し込み、それに電気を流すことで直接毛根部分を破壊するという仕組みです。

またレーザー脱毛と毛根部分の毛乳頭と呼ばれる部分を破壊するという点で目的が一致しており、この毛乳頭を破壊するという行為が医療脱毛が永久脱毛と呼ばれる理由です。

たとえば、永久脱毛効果がないサロン脱毛は医師法によって毛乳頭を破壊できるレベルのレーザー出力を出すことを禁じられています。つまり毛乳頭を破壊する行為がイコール永久脱毛効果ということになるのです。

まとめると医療脱毛にはレーザー脱毛と針脱毛の2種類があり、細かい手順こそ違えど最終的に毛根部分にある毛乳頭を破壊する医療行為ということがいえます。またサロン脱毛は法律による制限で、毛乳頭を破壊できないため何回施術をしようが永久脱毛効果を得ることができないということでした。

医療脱毛がなぜ永久脱毛なのか ~毛乳頭を破壊するから

医療脱毛が永久脱毛と呼ばれるゆえんは毛乳頭を破壊することができるから、ということをお伝えしました。さて実際に医療脱毛の効果は永久なのかという点ですが、レーザー脱毛と針脱毛どちらも永久脱毛が可能な脱毛方法といえます。

ただし毛乳頭を破壊すれば100%確実に将来二度と毛が生えてこないと実証したデータはありません。しかし毛乳頭は毛が生える元ですから、それを破壊する以上、理論上二度と発毛することはないのです。
ただし、数回の施術で毛乳頭が破壊しきれていない場合などは割とすぐに生えてきてしまうこともあります。そのためネット上では医療脱毛を受けたのにもかかわらず再発毛してしまったという口コミがあります。

毛乳頭を完全に破壊するには複数回の照射をタイミングよく行わなければならず、数回の施術では破壊しきれないことが多いです。ですがその場合はまた照射すればいいだけですので、結局永久脱毛であることには変わりません。
結論として、医療脱毛は毛乳頭という発毛のもとを断つため、永久脱毛の効果があるといえます。

【まとめ】 医療脱毛は永久脱毛である

医療脱毛が永久脱毛であると呼ばれる理由をお伝えしてきました。

医療脱毛は発毛の根源である毛乳頭を破壊するため永久的な脱毛効果があります。また毛乳頭を破壊することが法律上できないサロン脱毛が「永久的な効果がない」とよく指摘されることからも、毛乳頭を破壊することイコール永久脱毛ということがわかります。

以上毛乳頭を破壊することができる医療脱毛は、破壊できないサロン脱毛と異なり永久的な効果を得ることが可能です。

-基本知識

Copyright© 華麗なる医療脱毛*オススメの医療脱毛先は?その疑問にお答えします!* , 2021 All Rights Reserved.