基本知識

医療脱毛に保険は効かない。費用を抑えるなら割引制度を活用しよう

投稿日:

医療脱毛というと医師が在籍するクリニックでの施術。保険が適用されたら嬉しいですよね。
しかし実際、治療のための施術ではない以上保険は使用できず、全額自己負担しなければなりません
容姿を整える目的の医療行為に保険は下りないのです。

そのため医療脱毛の費用を抑えるためにはクリニックが出している割引制度を利用することが重要になってきます。

医療脱毛を安く受けるならおトクな割引を活用しよう

医療脱毛で保険が通用しないのは期待外れ……という感じで残念ですよね。
といっても医療脱毛の費用を抑える方法がないわけではなく、クリニックが独自に出している割引制度を利用すれば医療脱毛の費用を最大で8割以上もお得にすることができるのです。

医療脱毛の割引制度1  シーズン割引:秋から冬が狙い目

名前のとおり、シーズンによって割引制度が適応されるタイプです。
多くは秋から冬にかけた時期や4月初頭など客数が減りやすい時期が選ばれます。

医療脱毛は、夏のハイシーズンには予約が取りづらくなることで有名。通いやすくて安くなるなんて一石二鳥です!

たとえばこれは渋谷美容外科クリニックではトライアルの脱毛価格が最大91%OFFになっていたりと、大胆な割引がされています。
シーズン割引は年によって期間に一定のばらつきがあるうえ、毎回同じ割引率、割引内容とは限りません。

よりおトクな情報のために全部のクリニックを比べるのは大変です。
よって脱毛クリニックにおける最新の割引制度をまとめたサイトなどから随時シーズン割引が行われていないか確認するとよいでしょう。

採用クリニック
アリシアクリニック,湘南美容外科クリニック,リゼクリニック.渋谷美容外科クリニック,マリアクリニックなど

医療脱毛の割引制度2 年齢・所属割引:小学生・学生・ミドル・シニアなどの特定層の割引制度

40歳以上のシニアや小学3年生未満など、特定の年齢層に関して割引制度が適応されるタイプと、学生などこれまた同様に所属に関して割引制度が適応されるタイプの2種類を指します。

割引額はクリニックにより幅がありますが5%~30%レベルの割引が施術が終わるまで継続されるため、一回当たりの割引額が安くても、最終的には非常に大きな割引率となります。
そのため学生さんやミドル・シニア層など特定の年齢、所属の人は要チェックポイントと言えます。

採用クリニック
シロノクリニック.こすぎレディースクリニック.聖心美容クリニック.湘南美容外科クリニックなど

医療脱毛の割引制度3 団体割引:家族や友達と脱毛すると受けられる

家族や友達となど、複数人で脱毛をした場合に適応される割引制度です。友達や家族と一緒に施術を受けなくてはならないという点が厄介です。

ただし人数や、施術金額によって割引額は前後するものの1万円以上の割引がなされるクリニックもあり、非常にお得な割引制度といえるでしょう。

採用クリニック
ほぼすべてのクリニック

医療脱毛の割引制度4 会員割引:だれでも受けられるお得な割引

ポイントカードへの入会など、クリニックの会員になることで3~5%程度の割引を受けることができる制度です。
微々たるものですが常に適応される割引制度なため、総合的にみれば結構な額になることがあります。

採用クリニック
湘南美容外科クリニックなど

医療脱毛の割引制度5 モニター割引:不定期だけども術後写真をアップするだけで大幅割引

脱毛の経過写真を症例写真としてクリニックのHP上へアップすることと引き換えに適応される割引制度です。

美容整形ならば顔バレの心配があって不安ですよね。脱毛後の足の写真などを見て個人を特定することなど不可能ですから安心。
積極的に採用したい割引制度ではないでしょうか。

割引額は3割程度から5割越えの場合まで幅広く、結構な割合で安くなります。
たとえばアリシアクリニックで行われたモニター割引ではVIO脱毛8回分の価格(127,400円)が92,880円分安くなる(約8割引き)などクリニックの中には圧倒的な割引制度を発動させるところもあります。

ただしモニター割引は常時募集しているというわけでなく、とつぜん人数制限を設けたうえで募集することが多く、狙ってモニター割引を受けることは難しいです。

医療脱毛の割引制度6 サロン脱毛から医療脱毛への乗り換え割引

サロン脱毛から当該割引制度が適応できるクリニックへ脱毛を乗り換える場合に適応される割引です。

割引額は一回分の脱毛の価格がお試し価格になるなどそこまで大きくはありません。
通っていたサロンの会員証を出すだけでOKなのが魅力です。

採用クリニック
ほとんどの大手クリニック

医療脱毛の割引制度7 友達割引:友達紹介で固定割引

友達の紹介で受けた場合、友達と自分両方にキャッシュバック、または割引がありお得になるという割引制度です。
5,000~8,000円程度と十分な額があることが特徴です。
また団体割引と異なり、友達や家族を連れてくる必要が無いという点が優れています。よって団体割引と比較して割引が適用されやすいという利点があります。

たとえば湘南美容外科クリニックでは紹介カードを提示すれば、それだけで紹介した会員と紹介された会員両方に5000ポイントが入ります。
通常割引制度は特定のメニューにのみ適応されることが多いですから、ポイントなどどんなメニューにも利用できる形の割引制度は汎用性があって嬉しいですね。

採用クリニック
ほぼすべてのクリニック

医療脱毛の割引制度8 回数・部位割引:まとめて脱毛すると適応される割引制度

複数回分まとめた契約や、多くの部位を一気に脱毛するという場合に適応される割引制度です。1回の値段が4割程度お得になることもあり、割引制度としては優れたものといえます。

ほぼすべてのクリニックでいつでも実施している割引制度です。

採用クリニック
ほぼすべてのクリニック

医療脱毛は保険適用外。安くするなら割引制度を使おう

医療脱毛は美容目的の医療行為のため「保険適用外」ということで、保険に代わるお得な制度として、既存の割引制度の基本的な内容を紹介し、それらが採用されているクリニックについてもいくつかお伝えしてきました。

そしてこの記事のテーマである医療脱毛を安く済ませるにはどの割引制度を使用すれば一番よいかという点ですが、これについては答えがありません。

実に簡単な理由ですがクリニックの数だけ割引制度にも数があるといっても過言ではなく、どの割引制度が一番お得か?ということは決められないからです。

また通常価格の差というものも関係してきます。たとえばA院では5000円のコースが、B院では10000円だったとします。
この場合B院が1割引き(9000円)をしようが3割引き(7000円)をしようがA院よりも高額になってしまいます。

例)
A院割引なし→5000円
B院3割引→7000円

ここまで極端な例は見たことがありませんが、通常価格の差を考慮しなければ、割引制度を沢山使ったけどあんまり相場と変わらないということさえ起こりうるのです。
このように一番お得なものを決めるにはあらゆる要素について多くの知識が必要になります。

しかしこれほど沢山のクリニックが溢れかえっている状況で沢山のクリニックと比較して~ということには無理があります。
そのため、いくつかのクリニックと比較していくら程度安ければいいというような基準を作ることが大事です。

つまりある程度お得になればよいという考え方が大切になります。
割引制度を知ってもベストな選択をすることはできませんが、割引制度を知らないよりもベストに近い選択をすることは可能になります。
割引制度を利用してできる限り安く医療脱毛を受けましょう。

-基本知識

Copyright© 華麗なる医療脱毛*オススメの医療脱毛先は?その疑問にお答えします!* , 2021 All Rights Reserved.