基本知識

【医療脱毛の仕組み】レーザーと針(ニードル)どちらを選ぶべきか

更新日:

医療脱毛をする際、医療脱毛の仕組みがわかっていないと少々不安、というかたもいるかもしれません。
そのような場合、その仕組みについてしっかりと知っておきたいですよね

そこでこの記事では医療脱毛について、なぜ脱毛効果が得られるのかその仕組みを解説します

医療脱毛はレーザー脱毛と針脱毛の2種類ある

医療脱毛の仕組みを理解するには医療脱毛に用いる医療機器の仕組みを理解する必要があります。
なお、医療脱毛と言えばレーザー脱毛が代表的ですがレーザー脱毛では十分な効果が出ない箇所もあるため、部分的に針脱毛を選択することも多いです。

そのため本項ではレーザー脱毛と針脱毛、計2種類の仕組みについて解説していきます。

レーザー脱毛

レーザー脱毛といっても現在あらゆる種類があり、それらについて一言でどうこう説明することはできません。ただしレーザー脱毛の基本的な仕組みは全て同じです。
黒色に反応して熱が出る単一の波長を毛根部分に照射することで、毛根部分(毛乳頭)を破壊し発毛の元を破壊するということです。
上記の説明の分かりづらい点を順に説明していきます。

まず黒色というのはそのままズバリ毛の事です。
黒色である毛のみに反応するため、レーザーでありながら周りの肌を傷つけずに脱毛を行えるというわけです。次に毛根部分(毛乳頭)とは発毛の根源のようなもので、毛根部分を破壊するとその部分からはほぼ毛が生えてこなくなります。

そのため永久脱毛が実現するというわけですね。
レーザーの種類に関してですが現状医療クリニックのHPを見る限り、使用レーザーに関して詳細な説明をしているクリニックはほぼありません。

ただある程度の説明をしているクリニックはあり、たとえばレーザーの種類によってレーザーの波長が異なっていたり、脱毛機器を施術部位によって使いわけている場合などクリニックによってレーザー脱毛の効果をあげる工夫をしている場合があります。

まとめると、レーザー脱毛はさまざまな種類がある一方その仕組みは一貫していて、黒色に反応して熱が発生するというのが基本的な仕組みです。

医療レーザー脱毛の効果を出すための注意点

医療レーザー脱毛は先ほどお伝えしたように、黒色に反応して出力されるレーザーを照射することで脱毛効果を得る脱毛方法です。
広範囲を一気に脱毛できるうえ、永久的な脱毛効果もえられるという長所のあるレーザー脱毛ですが、しっかりとした効果を得るためには以下2点の注意点を抑えておく必要があります。

・日焼けを避ける
・毛抜きや除毛剤など、毛根に影響を与える処理をしない

まず日焼けに関しては、強く日焼けをしてしまうとレーザー脱毛自体が施術できなくなってしまうため、気を付ける必要があります。
実際多くのクリニックでは日焼けした状態での施術を拒否しています。これは前述の「レーザーの仕組み」が関係していて、レーザーの仕組みが黒色に反応して熱を出すというものなために施術ができないのです。

もしも黒色が増えた状態である日焼け肌に対してレーザーを照射してしまうと、レーザーが過剰に反応してしまい肌を痛める危険性があります。
同様にシミやほくろ、入れ墨に関してもできるだけ注意を払う必要があります。

つぎに「毛抜きや除毛剤などの毛根に影響を与える処理をしない」という点ですが、毛抜きや除毛剤もレーザーの効果を無効にしてしまう存在です。
毛抜きや除毛剤を使うと毛根ごと一緒に毛が抜かれてしまうため、一時的に黒色がなくなってしまいます。レーザーは黒色に反応して出力される仕組みですから、黒が無いとレーザーが反応してくれないのですね。

本来破壊するべき毛乳頭もなくなってしまいます。

もし毛抜きや除毛剤をつかって脱毛をしてしまった場合は最低でも2週間ほど期間を置いたうえで、レーザー脱毛を受ける必要があります。

まとめると、レーザー脱毛の効果を発揮するためには、日焼けなど肌に黒色要素を増やす行為を避けつつ、毛抜きや除毛剤など毛根ごと脱毛する行為も避けるということが大切です。

医療針脱毛(ニードル脱毛)

針脱毛とは毛穴に絶縁針を差し込み、針に電気を流すことで直接毛頭部分を破壊する脱毛方法です。毛穴一つ一つにアプローチをしていく必要があるため時間がかかるものの、1回で確実な効果を得られることが特徴です。仕組みは非常に単純で、毛根部分を電気で破壊するというだけです。

ただし直接破壊するため痛みがすさまじいという特徴もあります。
またレーザーのように面に大して均一に照射していくわけではなく、毛穴に対しダイレクトにダメージを与えるため絶対の脱毛効果を誇ります。

レーザーでは何度か照射しても毛乳頭を破壊しきれずまた毛が生えてくることがありますが針脱毛でそのようなことは一切起こりえない事実がその証明です。
仕組みについてまとめると、針脱毛は毛穴に絶縁針を刺し、そこに電気を流す脱毛方法といえます。

なお、一部脱毛サロンでは針脱毛の施術もしていますが針脱毛といっても医療行為ですからサロンで行われる針脱毛とクリニックで行われる針脱毛では効果が異なり、サロンの針脱毛では永久的な脱毛効果を得ることはできません。

これは医師免許を持たないものは医師法17条※によって永久的な脱毛効果を得られる毛根部分の破壊行為を禁止されているためです。

※サロン脱毛は医療行為ではないため、医師法17条によって毛頭部分を破壊するレベルの出力を禁じられている。

第1 脱毛行為等に対する医師法の適用 以下に示す行為は、医師が行うのでなければ保健衛生上危害の生ずるおそれのある行為 であり、医師免許を有しない者が業として行えば医師法第 17 条に違反すること。
(1) 用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為

(引用元:医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて
http://www.cao.go.jp/consumer/iinkai/2011/078/doc/078_111221_shiryou2-2-7.pdf 

サロン脱毛はクリニックでの医療脱毛と違って医師免許を持たないものの施術ですから医療行為ではなく、そのため永久的な脱毛効果を得るに当たって必須の毛根部分を破壊するということができません。
ですからサロン脱毛では永久的な脱毛効果を得ることができないのです。

針(ニードル)脱毛に向いている部位はレーザー脱毛ができない部位

針脱毛の仕組みは毛穴に絶縁針を刺し電気を流すことで毛根部分を破壊するというものでした。
この性質はレーザー脱毛の欠点である「黒が多い部分に施術ができない」「黒の要素がない白髪に施術ができない」を克服しています。

針脱毛は直接毛穴にアプローチをするので黒色があるかどうかが関係なく、脱毛効果が得られるのです。
そのため一般的にも針脱毛はレーザー脱毛で施術できない黒色のない部分(白髪)や、黒が多すぎる部分(日焼けした肌やシミなど)に対して効果的な施術ができる脱毛方法とされています。

まとめると、針脱毛はレーザー脱毛で施術できない部位をカバーする脱毛方法といえます。

医療脱毛の仕組み サロン脱毛よりも効果が高い理由

まず医療脱毛がサロン脱毛より効果が高いという前提ですが、これは間違いなく高いと断定できます。これはサロン脱毛が、施術に使用するレーザーの出力を抑えなければならないという点に起因します。無論、医療脱毛の場合はレーザーの出力を制限する必要はありませんから、当然出力を強くできる医療脱毛の方が効果が高いと言えます。
ですから医療脱毛とサロン脱毛は基本的に仕組み自体は同じなものの、出力が違うため当然効果の大きさも違うということですね。

【まとめ】医療脱毛の仕組み

ここまでで医療脱毛の仕組みやサロン脱毛との違いについて解説してきました。

・医療脱毛にはレーザー脱毛と針脱毛の2種類がある
・レーザー脱毛は普通の肌に対して効果がある
・針脱毛はレーザー脱毛が通用しない、日焼けした肌やシミの部分、白髪に対して効果的な施術ができる
・サロン脱毛は医療脱毛と比較して出力を強く出せないため効果が強く出ない

ということでした。

医療脱毛を実行するにあたってその仕組みを知っておくことは、安心して施術を受けることにつながるだけでなく、効果的に脱毛効果を得ることにもつながります。
医療脱毛の仕組みについてしっかり理解して安心して医療脱毛を受けられるようになりましょう!

-基本知識

Copyright© 華麗なる医療脱毛*オススメの医療脱毛先は?その疑問にお答えします!* , 2021 All Rights Reserved.