基本知識

医療脱毛でも痛くない?!痛みが苦手なあなたがとるべき対策

投稿日:

医療脱毛は痛みが強いというイメージがあるらしく、躊躇したり脱毛サロンを選ぶ人は少なくないようです。しかし、痛みが強いと言っても実際に本当なのか?そして我慢できないほど強い痛みなのか、気になりますよね。
もしかしたら「医療脱毛=痛みが強い」というのは昔の話で、最新脱毛機が続々導入されている今は、さほど強い痛みはないのかもしれません。今回は医療脱毛による痛みの強さを中心に、脱毛機やクリニックについても紹介します。
今まさに医療脱毛にするか、脱毛サロンにするかで悩んでいる人は必ずチェックしておきましょう。

医療脱毛は痛いって本当!?実際どのくらい痛いの?

嘘は言いたくないのでハッキリ言います!医療脱毛は痛いです。
しかし、これだけは言わせてください。レーザーで皮膚下にある毛乳頭を破壊しているのですから、そもそも痛くないわけがないのです。つまり痛みがあるという事は、レーザーがしっかり照射され高い脱毛効果が期待できる!ということなのです。

ちなみに医療脱毛の痛みの度合いは人それぞれですが、よく聞くのは“輪ゴムでパチンとはじく程度の痛み”と例えられています。想像するとそれなりの痛みはありそうですが、我慢できないほどではないでしょう。
また、脱毛は施術を重ねると毛量が減り、毛の太さも次第に細くなります。そうなるとレーザーで照射するメラニンも少なくなり、痛みもだいぶ減ります。痛みが強いのは1回目~2回目ぐらいまでなので、3回目以降からは軽く輪ゴムで弾かれた程度の痛みで済むはずです。

痛みの強さは脱毛機によっても違う!痛みが少ない脱毛機とは?

医療レーザーといっても脱毛機の種類は複数あり、クリニックによって導入している脱毛機は異なります。もし施術中の痛みが心配な人は、痛みが少ない脱毛機を導入しているクリニックを見つけると良いでしょう。
では、痛みが少ない脱毛機とは?そして実際に導入しているクリニックもチェックしておきましょう。

痛みが少ない脱毛機①「メディオスター」

メディオスターは、バルジ式(蓄熱式脱毛)を採用した最新の脱毛機です。
特徴は、毛根よりも表皮に近いところにある“バルジ”という組織を破壊対象にしているので、従来のレーザーは約70℃の高温で照射していましたが、メディオスターは50℃程度で済みます。そのため、痛みが少なく肌への負担も軽くなっているのです。
また、照射対象をバルジにすることで日焼けした肌や色黒の人も施術可能となっています。
【メディオスター導入のクリニック】
レヴィーガクリニック
中央クリニック
町田マリアクリニック
ゴリラ脱毛

痛みが少ない脱毛機②「ソプラノ」

ソプラノもまたメディオスターと同じくバルジ式(蓄熱式脱毛)を採用した脱毛機です。
特徴は毛根周辺の細胞を熱で破壊することで、色素に反応する従来のレーザー脱毛機よりもかなり痛みが抑えられています。
さらに毛質を選ばずに脱毛効果が得られるので太い毛も、産毛もしっかり脱毛することができ、そのうえ休眠期である毛根周辺の細胞にも反応するので毛周期を気にせずに脱毛を進められます。
【ソプラノ導入のクリニック】
レヴィーガクリニック
梅田美容山本クリニック
東京イセアクリニック

痛みが少ない脱毛機「ウルトラ美肌脱毛」

ウルトラ美肌脱毛は、医療脱毛では珍しいIPLレーザーを照射する脱毛機です。
特徴は複数の波長を組み合わせることでメラニン色素とバルジ領域、2つに反応し破壊します。また肌を-10℃に冷却しながら照射するので、肌に優しく痛みも軽減されています。
IPL機器はエステ業界では美肌目的のためによく使われていて、脱毛を組み合わせたウルトラ美肌脱毛は脱毛しながら美肌効果も狙えるメリットがあります。
【ウルトラ美肌脱毛導入のクリニック】
湘南美容外科

痛みが増してしまうケース

医療脱毛の口コミを見てみると、同じ脱毛機を使用しているはずなのに「全く痛くなかった」「少し痛かったけど我慢できるほど」「激痛で耐えられなかった」と、痛みの感じ方は人それぞれ違うようです。
肌質にも乾燥肌・混合肌・脂性肌・敏感肌と種類がありますし、そもそも部位によって痛みの感じ方は違うとも言われています。さらに脱毛による痛みは、時に自分で招いてしまっているケースも珍しくありません。
では、どのような状態だと痛みを強く感じてしまうのか?それを知っておけば、予防策も見えてくるはずです。

肌が乾燥状態でカサカサしている

乾燥は肌の水分量が少なく、レーザーの熱のダメージを受けやすくなっています。肌が潤っている人に比べると施術中に感じる痛みは強く、さらに肌荒れを起こす危険性も高まります。
クリニックによっては乾燥が酷い場合、施術をお断りすることもあるので、常に保湿ケアを怠らないように心がけなければいけません。

日焼けをしている

日焼けした肌は見た目では分かりにくいですが、紫外線によって皮膚の細胞が傷つきバリア機能が低下している状態です。バリア機能が低下していると肌の水分は蒸発しやすくなり、乾燥肌を招いてしまいます。
また日焼けは火傷をしているのと同じなので、痛みだけでなく脱毛による火傷のリスクも高めてしまいます。

ワキやVIOラインは痛みを感じやすい

太くて濃い毛ほどメラニン色素がたくさんあるので、レーザーが反応しやすく痛みを強く感じてしまいます。そのため、背中や腕に比べると剛毛が集中しているワキやVIOラインは痛みを感じやすい部位です。
特にIラインは粘膜が近く皮膚が薄いデリケートゾーンなので、1番痛いと言われています。

痛みが心配!そんな人におすすめの方法

痛いのが苦手な人にとっては、痛みに耐えられるか心配ですよね。クリニックによっては途中解約ができないところもあるので、契約してから「やっぱり痛いので止めます…」では大損してしまいます。
そこで、契約前にできる対処を紹介します。あとでやっておけば良かった、と後悔しない為にもチェックしておきましょう。

トライアル脱毛を受ける

「いきなり5回・6回コースを契約するのは正直不安…。」そんな人におすすめなのが脱毛体験として受けられるトライアル脱毛です。
トライアル脱毛とは通常価格よりもお得に施術が受けられるお試し脱毛で、脱毛未経験者や脱毛に不安を抱えている人におすすめです。ただ、トライアル脱毛が受けられるクリニックは少ないので、お住まいの近くのクリニックにトライアル脱毛がある人はラッキーかもしれません。

トライアル料金施術範囲
湘南美容外科5回/1,000円
無期限&無制限/3,400円
両わき
品川美容外科1回/2,210円(会員)
/2,770円(非会員)
両わき
椿クリニック無制限/2,980円両わき
湘南美容外科1回/11,340円
3回/30,780円
全顔
品川美容外科1回/11,100円(会員)
/13,880円(非会員)
全顔
湘南美容外科1回/14,580円
3回/29,800円
VIOライン
渋谷美容外科3回/36,000円(周囲)
/63,000円(全処理)
VIOライン
アリシアクリニック5回/61,900円VIOライン
湘南美容外科1回/59,800円

全身+顔+VIO
椿クリニック1回/49,000円全身+VIO

麻酔で痛みを感じなくする

脱毛サロンでは痛みを我慢できない時は出力レベルを下げるしか方法はありませんが、医療脱毛は麻酔を使用することができるので出力レベルを下げずに効率よく脱毛を進めることができます。麻酔があることで痛みを我慢せずに済むと考えると、かなり心強いですよね。
ちなみに料金はクリニックによって異なりますが、だいたい1回あたり2,000円~3,000円で笑気麻酔と麻酔クリームから選べるようになっています。

医療脱毛は痛いけど、痛みを抑える有効的な方法は幾つもある!

正直、医療脱毛は痛みを伴います。しかしそれは、体毛の再生には不可欠な毛乳頭を破壊しているので痛みが出るのは仕方のないことなのです。痛みがあるということは、むしろ脱毛効果が得られている証拠でもあるので、そこで脱毛サロンに切り替えるのはおすすめしません。
医療脱毛での痛みを抑える方法としては、
痛みが少ない脱毛機を導入しているクリニックを選ぶ
乾燥しないように肌の保湿ケアを徹底する
日焼けしないようにする
トライアル脱毛を受けてみる
痛みを我慢できない時は麻酔を使う
などが有効的です。

また脱毛を重ねると毛量は減りムダ毛も細くなるので、1回目2回目を我慢すれば麻酔を使わずに済む人が多いようです。それまでの辛抱と考えると、あまり構えずに挑戦してみてはいかがですか?

-基本知識

Copyright© 華麗なる医療脱毛*オススメの医療脱毛先は?その疑問にお答えします!* , 2021 All Rights Reserved.