カミソリでの自己処理

VIO脱毛の基礎知識

VIO脱毛前の自己処理のやり方〜正しく処理してお肌を守ろう!

VIO脱毛前に必ずしなければいけない自己処理。適当にT字カミソリで剃っていると、痛みや黒ずみ悪化の原因に。ここでは、VIO脱毛前の正しい自己処理方法について解説します。

VIO脱毛前に自己処理が必要な理由

VIO脱毛と一口にいっても、ハイジニーナや形を整えるなど、希望は人それぞれ。どちらにせよ、せっかくVIO脱毛をするのに、どうして事前に自己処理をしなくてはいけないのか疑問に思いませんか?

理由は2つ。脱毛機器は黒色に反応するため、ムダ毛が伸びていると毛が絡み合い肌を火傷させてしまうおそれがあるから。もう一つは、自己処理をすることで、照射がスムーズになり全体的に毛量を減らすことができるからです。

このように、VIO脱毛前に自己処理をすすめられるのは、肌の負担を最小限に抑えるためであり、サロンスタッフの手間を省くためではありませんので、しっかり指示に従ってくださいね。

全体的に毛を細く毛量を減らせる
伸びたムダ毛による火傷を防止

VIO脱毛前にやってはいけない自己処理とは

VIO脱毛は、肌に直接照射をあてることから、ピリッと痛みを感じます。十分耐えられる痛みとはいえ、できる限り抑えたいのが本音です。

誤った自己処理は、肌表面が傷つき敏感になります。そうすると、照射中に強い痛みを感じやすくなるので、照射パワーを下げて施術がおこなわれることになります。パワーが下がると、当然ながら施術ペースも落ちますので、結果的に脱毛が長引くという悪循環に陥ることも考えられます。

自己処理NG・T字カミソリで黒ずみが増える

自己処理は、ハッキリ言って面倒。そのため、ついついT字カミソリで雑に処理をしてしまいがち。

ですが、カミソリは本来残すべき皮脂を全て削ぎ落とし、肌のバリア機能を低下させる原因です。くわえて、カミソリの刃が刺激となり色素沈着を起こしやすくなるわけです。

せっかくキレイにVIO脱毛をしても、陰部表面が黒ずんでいては後の祭り。T字カミソリは女性の陰部には不向きであることを、しっかり覚えておきましょう。

自己処理NG・毛抜きで毛根がなくなると脱毛できない

毛抜きによる自己処理もNGです。毛抜きは強引にムダ毛を引っ張るため、毛根から抜けるだけでなく、埋没毛の原因にもなります。

埋没毛とは、毛が表面に出てこられず皮膚の奥で成長することです。そのため肌表面に黒いゴマのようなものがポツポツ見え、汚肌と間違われることも。
強引に引っ張られた肌は、毛穴周辺が盛り上がり、痒みや炎症を起こしやすくなります。さらに毛抜きにより毛根のないムダ毛は、毛が生えるまで照射があてられませんので、脱毛が遅れてしまう可能性も考えられます。

VIO脱毛前の正しい自己処理を知る

VIO脱毛前の自己処理は、予約日の前日から2日前が理想です。突然剃り始めるのではなく、まずはVIO全体を短くカットしておきましょう。

全体的に減毛したい場合は、VIOの全剃りが基本。このように、希望する形によって剃る範囲は異なりますが、剃り方や使用する器具は全く同じです。

自己処理には、フェリエなどの電動式カミソリがベスト。ヘッド部分が小さく尚且つスティックタイプで細かい操作ができると、自己処理にかかる時間を短縮させることができます。

また、自己処理前に、手鏡やハサミ、ビニール袋を準備しておくと大変便利です。VIO脱毛当日の自己処理は万が一に備え避けるようにしましょう。

V部分の自己処理

比較的簡単なのがVラインです。下を向けば処理する範囲が見えるので、鏡を使用しなくても可能です。

まずは、長いムダ毛をハサミで短くカットします。ある程度短くなったら、フェリエなどの電動式カミソリで脱毛範囲を剃っていきます。途中ムズ痒くなってしまったら、乾燥予防のためにも、保湿を与えるようにしましょう

Vラインの両サイドを確認し、剃り残しや毛量バランスを考えながら剃ると仕上がりがキレイです。

ハイジニーナを希望する人は、Vラインも全剃りです。Vラインの両サイドは、肌の弾力が邪魔をして剃りづらい部分になるため、親指と人差し指でしっかり肌を押さえながら、丁寧に剃るようにしてください。

最後は、必ず保湿剤で肌をいたわってあげましょう。

1ハサミで短めにカット
2脱毛範囲を剃る
3剃り残しや毛量バランスをチェックする
4保湿をする

I部分の自己処理

Iラインは、どの部分のムダ毛をどれくらい残すのかを先に決めておきましょう。そうしないと、Vラインよりも毛量の幅が広すぎてバランスが悪くなります。

そんな時は、スタンド鏡を設置しておくと大変便利です。まずは、床にお尻をつけ両脚を開き、粘膜以外の部分を大まかにハサミでカットしていきます。大変不格好な態勢ですが、実はこのやり方が一番ムダ毛が見えやすく、剃り残しが少ない方法です。

最後に、割れ目付近のムダ毛をハサミでカットします。ここは粘膜に、より近い部位になるので、皮膚が柔らかく伸びやすい特徴があります。剃りづらい場合は、電動式カミソリを持つ手と反対の手で肌を引っ張り、ヘッドをあてる離すを繰り返しながら、細かく操作をするとキレイに仕上がります。

ハイジニーナを希望する場合も、スタンド鏡でチェックしながら同じ要領で慎重に処理していきましょう。

1毛量を決める
2ハサミで短めにカットする
3肌を引っ張りながら剃る
4粘膜は細かくずらしながら剃る
5剃り残しをチェックする
6保湿をする

O部分の自己処理

Oラインは、一番自己処理の難易度が高い部分です。肛門部がちょうどお尻で隠れてしまうので、電動式カミソリのヘッドが上手くあてられなかったり、肌を傷つけてしまうおそれがあります。

そんな時は、サロンのシェービングサービスを利用しましょう。実は、Oラインに関しては自己処理が危険なので無料で行なっているサロンがとても多いのです。
サロンによっては、フェイス用シェーバーを持参するようお願いされる場合があるので、事前に確認してくださいね。

いつも以上に意識してVIOの自己処理をキレイに

VIO脱毛前の自己処理は、T字カミソリではなく、フェリエなどの電動式カミソリを使用しましょう。
電動式カミソリなら、深剃りによる肌荒れの心配もなく、VIO脱毛を断られることがありません。
長時間の自己処理は首が凝りますので、休みながら手を動かしましょう。

-VIO脱毛の基礎知識

© 2021 華麗なるVIO脱毛*はずかしいからって諦めない!ヒトには聞けないVIOのアレコレ*