基本知識

光脱毛はSSC・IPL・SHRどれが正解?メリット・デメリットの比較

「当サロンではIPL脱毛器を使っています」
と言われても、何のことかさっぱりという人は多いと思います。

わたしもそのひとりでした。
色々な脱毛サロンのカウンセリングで脱毛器や脱毛方法の説明をしてもらったんですが、実際それがいいのか悪いのか全く判断できません

せっかく全身脱毛するんだから、やっぱり効果がある脱毛サロンに行きたいですよね!
脱毛サロンで使われている脱毛器の種類について、まとめました。

フラッシュ脱毛とか光脱毛、SSCやIPLなどの専門用語について調べてみました。
全身脱毛前のサロン選びの参考にしてください!

そもそも光脱毛やフラッシュ脱毛、SSCやIPLってなんの名前?

脱毛をする方法にもいくつか種類があり、光脱毛などはその種類の名前です。

脱毛方法の種類は大きく分けて2つあります。

  • 光脱毛(フラッシュ脱毛、サロン脱毛など)
  • レーザー脱毛(医療脱毛など)

脱毛サロンによって使っている名前は違いますが、ほとんどが上記の呼び方をしています。

ではSSC脱毛やIPL脱毛とは何か、というと光脱毛をさらに細かく分けた種類の名前です。

光脱毛、フラッシュ脱毛
SSC脱毛、IPL脱毛、SHR脱毛

光脱毛とは脱毛器からでる光を当てて抑毛効果を得る方法

光脱毛とはその名の通り、脱毛器からでる光をムダ毛に当てることで抑毛効果を得る方法です。
その中でさらSSC脱毛やIPL脱毛などの名前があるのは、脱毛器からでる光の種類や、ムダ毛に効果を与える方法が違うから。

それぞれの特徴についてみていきましょう。

SSC脱毛:お肌にやさしく痛みも少ない

SSCとはSmooth Skin Control (Method)・スムース スキン コントロール メソッドのこと。

SSC脱毛では、お肌にジェルを塗ってから脱毛器の光を当てます。
このジェルは特殊なカプセルを配合。光をあてるとカプセルから有効成分フィニリーブが溶けだして毛穴に溶け込みます。

フィニリーブとは、抑毛効果がある物質を複数含んだ成分のこと。尿素、サリチル酸、セイヨウシロヤナギエキスなどの植物由来成分を含んでいます。
フィニリーブが発毛を抑えるはたらきをします。

SSC脱毛のデメリット:抑毛・減毛効果のため時間がかかる

  • 永久脱毛はできない
  • 抑毛・減毛効果のため、ムダ毛が気にならなくなるまで時間がかかる
  • ジェルが冷たく、特に全身脱毛では冷える

実はSSC脱毛に限らず、脱毛サロンでの施術はすべて永久脱毛ではありません。
永久脱毛をするには毛が生える機能を破壊する必要があります。しかしその破壊行為は、医師以外には認められていないのです。

だからこそお肌にもやさしいとも言えますし、難しいところですね。

抑毛・減毛効果とは、長期間何回もお手入れすることにより毛が細く・目立たなくなること。
12回以上照射すると効果を得ることができますが、最後のお手入れから長い間経つとムダ毛が復活してしまうこともあります。

SSC脱毛のメリット:痛みや火傷のリスク減で美肌効果も

  • 直接のダメージがないから火傷のリスク減
  • お肌にやさしく痛みがほとんどない
  • 美肌効果が期待できる

ジェルに含まれる特殊なカプセルを溶かすのが、クリプトンライト。これがお手入れをするときに脱毛器が光る理由です。
クリプトンライトには、毛乳頭(毛根の細胞)に直接のダメージは与えないためやけどや痛みを抑えられるメリットがあります。

つまりSSC脱毛は光がムダ毛にダメージを与えるのではなく、ジェルに含まれる成分に効果があるんですね!

SSC脱毛で使用するジェルには抑毛効果だけでなく、皮ふを柔軟にする作用があります。
ジェルを使うSSC脱毛は冷たいからと敬遠されることもありますが、悪いことばかりじゃないんですね!

SSC脱毛を採用している主な脱毛サロン

コロリー脱毛ラボ
※サロン名をクリックでサロン紹介記事にジャンプします

IPL脱毛:スピード脱毛できてフォトフェイシャルと同じ効果も!

IPL脱毛とは、インテンス・パルス・ライトのこと。
脱毛器から発する光の名前がついているんですね!

SSC脱毛はジェルに抑毛・減毛効果が含まれているのに対して、IPL脱毛では光自体に効果があります。
ということはジェルを使わなくていいの?と思いますがそうではありません。

脱毛時に使うジェルにはお手入れで熱を持った肌を冷やしたり、脱毛器から出る光を分散させないよう集約する効果もあるんです。
そのためIPL脱毛ではジェル自体に効果はありませんが、多くの脱毛サロンでジェルを使っています。
一部の脱毛サロンでは独自に、ヒアルロン酸などの保湿成分を配合し美肌効果をプラスしているところも。

IPL脱毛のデメリット:SHR脱毛と同様永久脱毛じゃない

  • 永久脱毛はできない
  • 抑毛・減毛効果のため、ムダ毛が気にならなくなるまで時間がかかる
  • ジェルが冷たく、特に全身脱毛では冷える

実はIPL脱毛と先ほど紹介したSSC脱毛のデメリットは同じ。
医療機関じゃないから永久脱毛はできず、出力も医療機関のレーザーより弱いから効果を得るまでに時間がかかるんです。

またジェルを使うので、全身脱毛をするときに身体が冷えがち。お肌を冷やすためにジェルを塗るから当たり前といえばそうなのですが、やっぱり寒いのはイヤですよね。

最近ではジェルは冷たい・身体が冷えるという脱毛サロン利用者の声が広がり、こまめに拭き取りしてくれる脱毛サロンも増えてきています!

IPL脱毛のメリット:フォトフェイシャルと同じ光で美肌も期待!

  • さまざまな波長の組み合わせが幅広いメラニンにアプローチ
  • フォトフェイシャルと同じ光で美肌効果
  • 医療脱毛より痛みが少ない

IPLという光の一番の特徴は、さまざま波長が組み合わさった光を照射できること。
光の波長とは、簡単にいうとどこまで光が届くかということをいいます。

通常は肌の表面や真皮等お手入れしたいところによって波長を変える必要があります。しかしIPLはいちどに複数のメラニンにアプローチできる万能な光を出せるんです。

その幅広い波長が肌表面近くにあるシミにアプローチしたり、肌の奥・真皮層にある細胞を活性化させてコラーゲンの生成を促したりと、美肌効果が期待できるんですよ!

フォトフェイシャルと呼ばれるエステサロンの顔用メニューは、実はIPLの光なんです。

IPL脱毛を採用している主な脱毛サロン

キレイモ銀座カラー
※サロン名をクリックでサロン紹介記事にジャンプします

SHR脱毛:バルジ領域にアプローチする新しいメソッド

SSC脱毛とIPL脱毛は、毛の毛乳頭と呼ばれる部分にアプローチする方法でした。
対してSHR脱毛は毛のバルジ領域と呼ばれる部分にアプローチ。これがこれまでの脱毛サロンの常識を大きく変えました。

毛乳頭・バルジ領域とは

毛乳頭・毛母細胞とバルジ領域、脱毛サロンのサイトを見ているとよく目にする言葉ですが、実際何のことを言っているのか知っていますか?

  • 毛乳頭・毛母細胞:実際に毛を生やす部分
  • バルジ領域:毛を生やすよう命令する部分

簡単に説明するとそれぞれ上記のような働きをします。

バルジ領域の存在は2000年に発見されました。
これまでの脱毛では毛を生やしている部分(=毛乳頭など)を弱らせることで脱毛していたのが、バルジ領域という毛を作ろうとする組織にアプローチするという新たな選択肢が生まれたのです。

SHR脱毛のデメリット:導入しているサロンが少ない

  • 永久脱毛ではない
  • 新しい方法のため扱っているサロンが少ない

SHR脱毛もSSC脱毛やIPL脱毛と同じく、脱毛サロンでのお手入れなので永久脱毛ではありません。
SHR式で永久脱毛したいという方は、バルジ領域と毛乳頭どちらにも作用するメディオスターNeXT PROを取り扱っているクリニックがオススメ。

バルジ領域にアプローチするSHR脱毛って、実はまだ新しい脱毛方法です。
2000年にバルジ領域が発見されてそれから脱毛器を開発って考えると、確かに最近ですよね。

そのため脱毛器自体がまだ普及しておらず、通える範囲にSHR脱毛ができるサロンがない可能性があります。
脱毛器自体もちょっとお高めらしいので、それもあるんですかね。

これからどんどん増えていくことに期待です!

SHR脱毛のメリット:日焼け肌・金髪・うぶ毛も脱毛OK!

  • 日焼け肌や金髪もお手入れOK
  • ハイスピードでお手入れ完了

これまでの脱毛サロンといえば、日焼けNG、金髪NGが常識でした。
なぜかというと、SSC脱毛やIPL脱毛は毛の黒い色素に反応する仕組みだったから。
金髪やうぶ毛だと効果が出づらい、日焼け肌だと火傷のリスクがあったんです。

黒い色素に関係なく効果を発揮するSHR脱毛なら、日焼け・金髪・うぶ毛にもしっかり対応!
他の脱毛サロンで断られてしまった、というあなたも通える可能性が高いのがSHR脱毛です。

また黒い色素に関係なく効果を発揮するということは、毛周期関係なくお手入れができるというすごいメリットがあります。

一般的な脱毛サロンでのお手入れ周期

  • SSC脱毛・IPL脱毛:2〜3ヶ月に1回(1年間に4〜6回)
  • SHR脱毛:1ヶ月に1回(1年間に12回)

毛周期

毛周期とは毛が抜けて生えるサイクルのこと。これはムダ毛に限らず髪の毛も同じです。
毛が退行期に入ると、毛乳頭と毛が離れます。ということは毛乳頭に黒い色素であるムダ毛がくっついていないから、ダメージを与えるべき毛乳頭にアプローチができないんです。

SHR脱毛でアプローチするバルジ領域は、もともと毛にはくっついていなくて皮膚の中にあります。
そのため毛周期関係なく通っても効果を感じられるんですね。

脱毛スピードが最大2倍という驚異の期間短縮が実現しました。

SHR脱毛を導入している主な脱毛サロン

STLASSH(ストラッシュ)
※サロン名をクリックでサロン紹介記事にジャンプします

わたしもストラッシュで全身脱毛してきました!

ストラッシュ池袋東口店で全身脱毛体験!評判は本当?ぜんぶ大公開レポ

2016年1月にオープンした全身脱毛新勢力のSTLASSH(ストラッシュ)。 関西エリアにも進出するなど、今大注目の全身脱毛サロンです。 ネットで検索してみても、新しめのサロンだからか口コミが少なめ。 ...


ストラッシュ梅田店で体験★口コミは本当?勧誘はなし?全部検証してきた!

急成長中の全身脱毛サロンSTLASSH(ストラッシュ)梅田店に当サイト管理人が突撃取材! ストラッシュ梅田店は、やさしいスタッフさんばかりの素敵な店舗でした。 もちろん、お手入れもていねいかつスピーデ ...

IPL脱毛・SSC脱毛はだいたい同じ、SHR脱毛は新理論

IPL脱毛・SSC脱毛は毛乳頭や毛母細胞という毛を作る細胞にアプローチ。
そのため、毛周期に合わせて通います。

SHR脱毛はバルジ領域という毛を生やすよう命令を出す部分にアプローチ。
毛の黒色がなくても反応するから、スピード脱毛がかないます。

こうしてみるとSHR脱毛が最強に見えますが、対応しているサロンが少ないのがデメリット

私はこれまでSSC脱毛とSHR脱毛の経験がありますが、脱毛効果自体に大きな差はありません。
もちろんSHR脱毛のスピード脱毛は魅力ですが、近くに店舗がないと難しいですよね。

全身脱毛って1年以上と長く通うから、通いやすいところを選ぶのが意外と大切。
またパーツ数が多いので高額にもなります。

お財布とも相談して無理ない脱毛サロンを選んでくださいね。

全身脱毛の値段と脱毛部位、スピードなどを総合的に比較しました!

安い全身脱毛
全身脱毛が1番安い脱毛サロン・プラン別に値段比較!安いけどNGサロンも…

全身脱毛に通いたいけど、値段が高いのが困りますよね。 できるだけ安い値段の全身脱毛サロンに通いたい、というのは皆さん共通。 ところであなたは、全身脱毛を安くするならどちらがいいですか? 全身脱毛完了ま ...

※料金等の最新の情報は、各脱毛サロンの公式サイトや無料カウンセリング等で確認してください

  • この記事を書いた人

ジョリー(20代・脱毛研究歴:9年)

全身脱毛したいけど、ぜったい損をしたくない! そんな思いで10件以上の脱毛サロンへ行った経験を活かして、元・剛毛だったわたしが全身脱毛の情報をお届けします(*´-`)

-基本知識

© 2020 華麗なる全身脱毛*全身脱毛サロンを徹底比較!オススメ先をご紹介します♩*